自動車保険をランキング形式で徹底比較!!

通販型自動車保険はなぜ安いのか

自動車保険の保険料は純保険料付加保険料があります。

 

純保険料は、契約者に対して保険金を支払うための原資として利用されます。
一方付加保険料は保険金の支払い以外に必要な、
広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費などの会社の運営に充てられるものです。

 

通販型自動車保険は、インターネットや電話等を介して契約者と保険会社が
直接契約を結ぶ自動車保険
のことです。よって代理店手数料、店舗経費などの経費が抑えられるため保険料が安いのです。

 

ダイレクト型自動車保険は電話やインターネットで契約を行なうため、
店舗を持つ必要がなく、経費や店舗運営に伴う人件費、代理店手数料といったコストを抑えることが
できます。コスト削減により付加保険料を抑えて割安な保険料を実現しているのです。

 

コールセンターに電話して説明を受けることもできます。インターネットを使って保険料の見積
もりや加入申込みができるため、24時間好きなときに手続きができます。店舗に出向く必要がな
く、空いている時間に作業できるなど、忙しい人でも手続きしやすくなっています。 保険料は、
自動車の種類や希望する補償内容を入力すると、その場でわかるケースがほとんどです。
保険料に納得ができれば、そのまま加入手続きを済ませられる保険会社も多数存在します。
各保険会社が保険料を自由に設定できるようになったのをきっかけに普及していきました。
保険料の安さと契約の手軽さで人気を集め、現在では数十社がダイレクト型の自動車保険を展開
しています。