対物賠償保険

対物賠償保険とは

安全運転を心がけていても事故を起こすときはありますよね。
交通事故で他人の車や家などに損害を与えてしまうと、法律上の賠償責任が発生します。
その場合には対物賠償保険で、保険金額の範囲内で保険金が支払われることになります。

 

対物賠償保険に加入していれば、交通事故で他人の財産に損害を与え、賠償責任を負った場合に
保険金が支払われます。支払いの対象となるのはあくまで「他人の財産への損害」のみです。

 

例えば、「車庫入れの際に誤って塀をを壊してしまった」などといった場合には保険金を請求すること
ができません。

 

対物の賠償責任は車や家屋などの「モノ」はもちろん、それ以外にも発生するケースが多くあります。
対物賠償には「直接損害」「間接損害」があるのです。

 

「直接損害」とは事故が無ければ発生しなかった費用のことを言います。例えば、車や建物の修理費です。「間接損害」は得られるはずの利益が事故によって失われた損害を指します。詳しくは以下の通りです。

 

直接損害

車の修理費用
建物の修理費用
レッカー費用
ガードレール、道路などの補修費用

 

間接損害

商業用車両の逸失利益
商業施設の逸失利益
従業員の給与

 

特に車が商業用車両(観光バス、タクシー、電車、トレーラーなど)、建物が商業施設(コンビニ、レストラン、
飲食店、パチンコ店)などの場合は間接損害が大変なことになります。修理期間中の営業補償、壊れた商品、
従業員の給与など補償金額はかなり大きくなってしまいます。

 

自家用車同士の事故であっても相手が高級車ともなれば1000万円程度の損害は珍しくありません。
それが1日に数百万円を売り上げるパチンコ店、高額な商品を運搬しているトレーラーともなれば総損害額
が1億円を超えるケースもあります。

 

高額賠償はレアケースだとしても、賠償額が1千万円を超えるような事故は珍しくありません。
イザという時に役にたってこその保険ですから、対物賠償保険は「無制限」に加入しておきたいものです。

 

しかし無制限にしたいけど保険料が高くなってしまうのが悩みのタネ…という方も多いはずです。
しかし実際に保険金額「5000万円」と「無制限」を比較してみると、思ったよりも保険料が上がらない傾向に
あります。もちろん契約者の等級、車種などの条件、保険会社によって変わってくる話ですが、保険会社で
一度見積りを取ってみましょう。